頬のシミは内臓疾患・病気の可能性がある?

頬のシミで病気がわかるの?

 

 

頬のシミから病気はわかるのでしょうか?
その答えは…ある程度は分かります。

 

 

美白効果のあるスキンケア品を使っても、効果がいまいち感じられない場合、内臓疾患からのシミであることが多いのです。
シミが出来ている場所によって、どこの内臓が弱っているかが分かります。

 

頬のシミ

 

 

頬は、鼻と同様、高く盛り上がっています。
頬は紫外線を顔の中でも受けやすい場所であり、日焼けしやすくシミになりやすいのです。

 

 

一年中紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めは一年中の使用をお勧めします。
そして美白効果のあるスキンケア品を使うことをお勧めします。

 

日焼け止め使っていたし、美白効果のあるスキンケア品も使っているのに、最近シミが増えたし、広がってきたようなと、ふと気がつくことありませんか?

 

一般的にシミが出来ると、紫外線に当たっていたからかなーと考えがちですが、紫外線対策をしていたのに出来てしまった頬のシミは、紫外線だけが原因ではなく内臓疾患からくるものもあります。

 

内臓疾患??病気??

 

 

 

内臓疾患があるかどうかには、特徴があります。

 

 

美白効果のあるスキンケア品の効果がいまいち分からない。

何を使っても効果が出ない。

頬の左右同じ位置に同じようなシミがある。

 

こういうシミのときは、内臓疾患を疑ったほうがいいです。
と言っても、そんなに不安になる事ではありあません。

 

女性の体は敏感に出来ているので、ちょっとしたことが表に出やすいのです。
ですので、労ってあげる事でシミが薄くなっていきます。

 

どこが悪いの?

 

目尻の下で、左右対象に出来ているのは肝斑

女性ホルモンのバランスが崩れるとどうしても出てきてしまいます。

 

薬によるシミ

固定薬疹と言って、薬の副作用で出来るシミです。
ピルを飲んでいる人に出やすいです。

 

太田母斑

自律神経が乱れ、緊張状態が続き、肌への血流が落ちて代謝が乱れることで出来るシミです。
頬の外側に出来るシミは、腎臓機能の低下からできます。

 

糖化によるシミ

糖分が肌の中で、砂糖の焦げたような状態でとどまり、それが肌表面に出てくるとシミのように見えます。

 

このように、小さいけど注意のシグナルを体はシミとして知らせてくれるのです。

 

でもシミはシミ。悩みますよね。

 

 

小さなシグナルを教えてくれているとはいえ、やはりシミはシミ。
なんとかしたい気持ちに変わりはありません。

 

シミは隠そうとすればするほど、目立つ。
シミはあるだけで、その人の見た目年齢を変える。

 

シミの部分を髪で隠したりすると、人に見られないようにとうつ向き加減になってしまったり、消極的になってしまいます。
だからこそ、スキンケアで美白を目指すなら、しっかりと結果が出るものを使いたいと言うのが、シミで悩む女性の願いです。

 

肝斑は美白効果がなかなか得られなく、かといってレーザー治療は悪化してしまう恐れがあります。
太田母斑はリラックスが大事ですが、なかなかそういう時間がない。
ピルは、子宮の疾患があるから飲み続けないといけない。
腎臓機能は、気をつけるとしても、今あるシミをなんとかしたい。

 

頬のシミに対する悩みは、人それぞれ違います。

 

・肌の奥の細胞まで届き、血行を良くして、新陳代謝を促す
・今あるシミにポイントで効果がある
・ハイドロキノンやルシノールなど、美白効果が高い成分が入っているものを選ぶ
・血行促進作用のある成分が入っているものを選ぶ
・美白効果のあるマッサージやパックを使って、血行を促し新陳代謝を高める

 

 

上記に挙げた様な、美白効果のしっかりあるものを選ぶのがポイントです。
そうすることで、内臓疾患からくるシグナルのシミを薄くすることが出来ます。

 

今あるシミのケアに満足していない方は、ぜひチェック。
あとは忘れずに自分の体を、労わってくださいね。