目尻のシミ・肝斑を消す方法

 

目尻にできるシミの多くは肝斑と呼ばれるものが殆どで、鏡で見てみると左右対称にできているのが大きな特徴です。

 

輪郭がはっきりせず薄い褐色で広範囲に広がるのも肝斑の特徴といえます。
また、シミの原因は紫外線の影響と考えられがちですが、肝斑の主な原因は体内にあるといわれています。

 

 

肝斑は30〜40歳代に発症することが多く、この年代の女性は様々な要因が重なると考えられます。
ちなみに、シミに悩む女性の約40%がこの肝斑だというデータもあるようです。
1番の要因は、女性ホルモンの乱れによるものと考えられています。

 

女性ホルモンが乱れる原因

・妊娠や出産をした
・ストレスを感じている
・不規則な生活習慣を繰り返している
・経口避妊薬を飲んでいる
・過度なダイエットをしている

 

この様に女性ホルモンの乱れには様々な要因があります。

 

特に30代の女性の多くが妊娠・出産を経験すると考えら、統計的にも20代と並び出産率が高いとされています。

 

また、出産経験後の家事(子育て)と仕事の両立でストレスにさらされている女性が多い年代といえます。
しかし、肝斑の原因についての正確な解明はされていないのが正直なところです。

 

かと言って、何もケアをしないと肝斑が顔中に広がり濃くなってしまう恐れがあります。

肝斑も紫外線の影響を受け悪化しますので美白化粧水でのケアは必要です。

 

⇒シミのメカニズムを知りたい方はこちら

 

目尻のシミ・肝斑は簡単に消えるのか?

 

忙しい日々の中でスキンケアに要する時間がなく「気づけば目尻にシミができていた…」とショックを受ける女性は多いようです。

 

目尻のシミは片側にできているともう片側にもできる肝斑が殆どですので、ショックも大きくなってしまいます。

 

そして既にできてしまった肝斑は中々消すことが難しいのです。

 

肝斑を消す方法ってあるの?

 

レーザー治療

 

シミは簡単にレーザーで消すことができると考えられちですが、肝斑に関しては最適な治療ではないと言われています。

 

その理由が上記でも述べたホルモンの影響が高いことにあり、メラノサイトが活性化しやすい状態の肝斑は特にレーザー治療が刺激となり悪化(濃く)してしまうので注意が必要です。

 

 

ハイドロキノン配合化粧品

 

肝斑を消す方法としてオススメなのがハイドロキノン配合の化粧品です。
目尻の肝斑は目立ちますので、即効性のあるハイドロキノン配合で早く消したいのが本音です。

 

しかし目尻のシミに対して使用するには、目の近くということもあって不安に思っている女性が多いのも正直な所です。

 

また”お肌の漂白剤”とも呼ばれていますのでその効果や副作用が気になる所です。

 

しかも日本ではハイドロキノンの規制が厳しかったため、近年で美白化粧品として商品化されたイメージが強いものでもあります。

 

※ハイドロキノンには濃度が1〜5%(一般的に発売されているもの)とありますのでお肌に合った濃度を使用しましょう。

 

ハイドロキノンの濃度からみる効果と副作用

濃度1〜3%
・一般的には安全性が高い配合といわれ、お肌への刺激が少ない
・効果や即効性は低くなる
・敏感肌やお肌の弱い人の場合は、低濃度でも刺激を感じる

濃度4〜5%
・上記に比べ濃度が高いため、お肌への刺激(ピリピリ感)を感じやすい
・効果や即効性は高くなるが、その分お肌への刺激も強くなるので注意が必要
・顔に使用する前に他の部位でパッチテストが必須

 

ハイドロキノンは既にできてしまったシミに効果的で、メラノサイトの活性を抑えると共にメラニンの新たな生成を抑えます。

 

⇒ハイドロキノン配合美白化粧品でオススメなのはこちら”ビーグレン”

 

敏感肌・乾燥肌の方は特に目尻の皮膚がデリケート

 

目尻の皮膚は他の箇所に比べて薄くとてもデリケートです。

 

薄い分、様々な刺激を受けやすい箇所でもあるため肝斑だけでなく摩擦などによる色素沈着も多く見られます。

 

特に敏感肌や乾燥肌の方は摩擦でのシミもできやすく、美白化粧水での刺激にも弱いと考えられます。

 

シミを消す効果が高いもの(ハイドロキノン)に頼るとお肌の状態を悪化させてしまいますので、低刺激で保湿効果の高い美白化粧品を選ぶ事が重要です。

 

また目尻のシミをケアする場合、間違って美白化粧品が目に入ってしまう事も考えて刺激の少ないものを選ぶ事も1つのポイントになります。

 

お肌への刺激がないものを使用する事をオススメします。

 

⇒低刺激で保湿効果の高い美白化粧水はこちら”サエル”

 

⇒サエルの使用感レビュー 詳細ページはこちら