頬のシミに効く薬の成分とは

 

頬のシミは、一般的に30代〜40代の女性に多く見られる、褐色のシミのことです。
眼の周囲・頬などに左右対称にできるのが特徴で、シミの中でも治療が難しいとされています。

 

外用薬・内服薬をメインにし、レーザー治療などを組み合わせた方法が一般的な治療法だと言えます。

 

外用薬に含まれる代表的な成分

 

外用薬は、頬のシミにピンポイントで高濃度の成分を届けることができます。

 

主な成分は、メラニンの生成を抑える”トラネキサム酸”や”L‐システイン”、そして”ビタミンC”です。

 

トラネキサム酸

 

トランサミンとも言い、抗炎症・抗アレルギー効果や止血にも効果があります。
湿疹や蕁麻疹などの皮膚疾患、扁桃炎や口内炎などの炎症、止血剤などの幅広い治療に用いられるアミノ酸の一種で、頬のシミにも効果があるとされています。
頬のシミは女性ホルモンのバランスが乱れる事により、プラスミン(情報伝達物質)が分泌されメラニン生成を活性化させることが原因の一つだとされています。
トラネキサム酸にはプラスミンの働きを抑える作用もあります。

 

L‐システイン

 

簡単に言えば、お肌の新陳代謝をサポートしてくれる成分です。
皮膚や毛髪などに多く存在し体内からサポートしてくれるアミノ酸の一種で、メラニンの生成を抑え、過剰に生成されたメラニン色素を皮膚の外へ排出してくれます。
また、L‐システインを体内に摂取するとコラーゲンが生成され、お肌のハリを維持する手助けをしてくれます
お肌のトラブル改善にも効果的な成分だと言えます。

 

ビタミンC

 

外用薬・内服薬どちらにも含まれる事が多い成分です。
お肌の健康維持に欠かせないと言っても良いでしょう
また、メラニンの生成を抑える強い抗酸化作用があります。

 

ハイドロキノン

 

肌の漂白剤とも言われ、一般的なアルブチンやコウジ酸に比べると約100倍もの美白作用があると言われるほど強力な美白剤です。
ハイドロキノンには、メラノサイトと言う細胞の活性を抑え、メラニンの新たな生成を抑えると共に、メラニンの数自体を減らす働きがあります
ですから、既にできてしまった頬のシミに効果的だと言えます。

 

内服薬に含まれる代表的な成分

 

内服薬は、体内からの治療を目的としています。

 

専門医の判断で、組み合わせる成分は様々です。副作用などがでる場合がありますので、専門医に処方してもらい、安全・安心な内服薬を服用しましょう。

 

イソトレチノイン

 

ビタミンA誘導体の一種であり、通常のビタミンAの50〜300倍の生理活性により、強力なターンオーバー作用があります。
しかし、実験により奇形を生ずると言う結果が報告されているため、妊娠中やこれから妊娠を考えている方(男女共に)などへの処方はできないとされています。