頬のシミに効果的なハイドロキノンの安全性

 

頬のシミは、皮膚内に残ってしまったメラニンの沈着が原因とされています。

 

しかも、長年放っておくと、メラニンの沈着が肌の老化とともに消えにくくなってしまいます。

 

ただし、早めに対処していれば、美肌を取り戻すことも可能なんです。
頬のシミを消すには、ハイドロキノンが効果的だと言われています。

 

化粧品などにも良く使用されている成分で、『お肌の漂白剤』と言われています。
また、皮膚科で処方されるお薬にも”ハイドロキノン軟膏”があるくらい、頬のシミには効果的のようです。

 

頬のシミに効果的なハイドロキノンの副作用

 

『お肌の漂白剤』と言われるくらい美白効果の高い成分ですから、副作用があるのか心配です。

 

まず、副作用とは少し違いますが、お肌につけた感じ多少のピリピリ感があると言われています。

 

特に、敏感肌の女性に多く見られる症状らしいので、敏感肌の女性は気を付けて下さいね。

 

上記は、使用した方の感想ですので、必ずしもピリピリするとは限りませんし、ピリピリ具合も人によって様々です。

 

お肌の状態や個人によって合う合わないがありますから、お肌に異常があらわれた場合は使用を止めましょう。

お肌の弱い女性は、ハイドロキノン濃度が低いものがオススメです。
濃度が高いものは、即効生は期待できますが、その分お肌への刺激も強くなります。
注:ハイドロキノン濃度の基準は1%〜4%程度となっています。

 

副作用については、噂などでは白斑になりやすいなどと聞きますが、実際の所はハイドロキノン配合の化粧品は10年以上も使われていて、白斑の症状が出たと言う報告はないそうです。

 

ハイドロキノン配合の化粧品については、必要以上に副作用を恐れる事はないと指摘する専門医がいるくらいですから、安全性については心配ないのではないでしょうか。

 

ハイドロキノン配合化粧品を使用する時の注意

 

 

ハイドロキノンは非常に酸化しやい性質の成分であるため、使用中には注意が必要です。

 

紫外線にあたる事で酸化が加速し、ベンゾキノンという、お肌にダメージを与える物質に変化してしまうため、紫外線対策が必要です。

 

 

メラニンを無くす作用のハイドロキノンを使用していると、メラニンの生成を少なくし、お肌が紫外線の影響を受けやすくなります。

 

メラニンは頬のシミの原因でもありますが、紫外線からお肌を守る役割もあるため、ハイドロキノンでメラニン生成を無くしている状態で紫外線にあたる事も、頬のシミを作る原因になってしまいます。

 

ハイドロキノンを使用している時は、紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。

 

頬のシミに効果的なハイドロキノン配合の化粧品

 

実際にハイドロキノンを使用している化粧品は、多くのメーカーが取り扱っています。

 

数多くのハイドロキノン配合化粧品の中でも、人気が高く、口コミでも高評価なのが『アンプルール』です。

 

美白コスメとしては少し有名で、リピーターも数多く、トライアルキットがありますので試して見る価値はありそうですね。

 

>> アンプルールの詳細ページはこちら